生命保険見直しをするにあたり、無料相談が気軽に受けることが
スタンダードになりつつあります。

店舗数も年々伸び続け、日経新聞によると
この4年間で店舗数は2.7倍に増えたそうです。

ゆきママも何件か無料相談をうけて、
うまく利用すればとてもよいシステムだと感じています。

しかし、実際のところまだまだ
「タダほど高いものはない」「なにか裏があるのでは?」「あやしくないの?」
と思われる方も多いようです。

なぜ、無料相談は、無料で行うことができるのか
その仕組みを調べてみました。

◆店舗型無料相談
代理店は、まず保険会社に代理店としての登録を行います。
その際、保険会社からノルマが決められるそうです。
「ウチの商品を年間これだけ売ってください」という約束ですね。
1件も売れなければ代理店登録を取り消されることもあるんだとか。
そして保険商品をひとつ売るごとに手数料がもらえる仕組みになっています。
特定の保険商品をたくさん売れば、その保険会社からの手数料が割高になっていきます。
格付けが上がり「上級代理店」になれるわけです。

相談料を無料にして、たくさんの方に相談しに来てもらったほうが
営業の手間、人件費がかからないので、効率的なシステムなのです。
無理な勧誘をするとすぐクチコミで広まりますので、そういうこともありません。

◆訪問型無料相談
保険相談を申し込みした人に、一切費用が発生しない仕組みで運営されています。
広告掲載料や情報紹介料などを、多数の生命保険会社多数、保険代理店、提携FPなどからいただき
それを運営費として活用しています。

FPさんは受付する会社と紹介契約を結んでいます。
FPさんは登録料を支払って、自分で営業しなくても見込み客を紹介してもらえます。
そして、面談をして提案した保険を契約してもらったら、保険会社から手数料を受け取ります。

相談者に信頼してもらえれば、クチコミで直接お客さんを紹介してもらえたり
その後、保険の契約が必要な時にも声をかけてもらえたりするので
絶対に無理な勧誘はおこないません。
受付会社からの登録も取り消されてしまう恐れもあるからです。

「手数料稼ぎのために特定の保険を売りこまれそう」という懸念がありますか?
提案内容に納得できない場合は、保険を契約しなければいいだけです。
そのあと連絡がくることもありません。

私は複数の無料相談を受けてみましたが、
基本的にどこも保障が充実していて、掛金が今よりも安くなるものを提案してくれました。
きちんとその商品をすすめる根拠を説明してくれました。
それがたまたま、手数料が高い商品だったのかどうかはわかりませんが・・・。

少なくとも、なぜこの商品をすすめるのだろう?とは思いませんでした。
保険の仕組みや、商品の詳しい説明や、実際の保険給付の実例などの
ためになる話を聞くことができて、無料なのが申し訳ないくらいでした。

ですので、とって食われたりはしませんから(笑)
保険の見直しで悩んでいる方は、一度足を運んでみるといいですよ。
ちなみに予約が必要です。ネットから簡単にできます。