保険のことを調べたり勉強したりすればするほど、
迷路にはまってしまったような気になります。

結局、どれがいいの!?
知識は増えたはずなのに、わけがわからなくなって
振り出しに戻る・・・。

自分ですべての保険を把握するのは絶対に無理です
誰かのアドバイスも参考にしたい。
意見を聞きたい。

そんなときは、誰に聞くのか?
これは結構重要な問題です。
聞く人を間違えてしまうと、大変ですからね。

生保の営業
・保険について社内教育をうけているが、あくまでも自社の保険を売るための知識
・他社の商品の理解があるかどうかはあやしい
・契約をとることが仕事であり、経験年数によっては保険に詳しくないことも
・結局、自社の保険をすすめられる
・自分の営業成績のために点数の高い保険をすすめているのかもと思ってしまう

代理店の営業
・複数の保険会社の商品を扱っている
・一社の保険に偏ることはない
・保険に対する考え方や知識は人それぞれで、いい担当にあたるのは運次第?
・手数料収入で成り立つ商売なので、やはり手数料の高いものを勧めている可能性はある

保険を売る人は保険について詳しいけれど、保険を売るのが仕事。
自分の成績とか関係なく、本当に親身になってアドバイスしてくれる人はいないのでしょうか?
そんな人をどうやって見つければいいのでしょう。

それは、こちらから質問をしてみることです。
条件を決めて、これにあてはまる保険でどれがいいか聞いてみる。
そのとき、その人にとっては全然得にならない情報を教えてくれる人は、信用できます。

有料で相談する
・情報提供料を支払うため、手数料等に左右されない提案が受けられる
・ただし安くはない

誰にも相談しない
・自分で勉強して、わかる範囲で保険を買う
・あれこれ欲張らず、一番必要な保障に絞って、一番安い保険料の商品にする

自分で選ぶというのは、字面でみるとなるほど!と思えるのですが
やっぱりハードルは高いです。
それなりの勉強と知識も必要ですし、
視野がせまくないかどうかは、自分ではなかなか判断できません。

有料相談が一番信頼できそう。
もし私が収入も資産も豊かな富裕層なら、迷わずこれを選びます。
保険のみならず、貯蓄や投資や住宅購入まで含めて、トータルに相談するでしょう。
しかし今の私には敷居が高いのは確かです。

なので、毎月の保険料がもっと安くならないかしら?
同じ保険料でもっといい保障がつけられないかしら?
くらいの内容であれば、無料相談が妥当という判断です。

ただし、うのみにしない。いいなりにならない。
これは、基本です。新しい視点を仕入れる、くらいの気持ちで。

1箇所だけでなく、複数相談してみるのもオススメです。
担当者によって考えは違いますし、相性もあります。

最終的には自分の判断ですよ!