20代
誰かを養っている人でなければ、基本的に死亡保障は必要ありません。

できれば加入しておきたいのが、医療保険です。
実は貯蓄が少ない若い世代ほど、保険が必要です。

収入もそんなに多くないでしょうから、
とりあえず掛金の安い共済でもかまいません。

もし、きちんと保険を検討できるのであれば
一生涯保障される終身タイプの医療保険に加入して
払込期間も終身にするという方法もあります。

保険料が安くすみますし、もし結婚しても持ち続けられます。
結婚の予定があったり、生理不順だったりして
婦人科方面に不安のある方は、女性特約も検討しましょう

30代
結婚の予定がなかったり、今後結婚はしないかも?という方なら
最大のリスクは病気や怪我で働けなくなる事ですよね。

ここの保障はしっかり準備しておきましょう。
ただし、保険にお金をかけすぎて
貯蓄にまわせなくなっては、本末転倒です。
保険と貯蓄をバランスよく組み合わせましょう。

結婚なさっていて、出産の予定がある方は、
女性保険に加入しておくといいでしょう。

妊娠時や出産時にトラブルがあった場合に
保障してもらえるからです。
最近はスムーズに妊娠~出産をクリアする人は
周囲を見渡しても本当に少ないですから。

仮に帝王切開などを経験すると
手術歴となって、その後の保険加入に
差し障ることもあります。

40代
40歳を超えても、まだまだ若くて美しいかたも大勢いますが
だんだん自分自身の体に不調を感じてくるのも事実です。
更年期なども心配になります。

病気になってしまってからでは、医療保険の加入が
難しくなりますので、いったん保障が十分かどうか
見直しておくと良いです。

医療保険はどんどん新しいものが発売されますので、
保障が今までと同じでも掛金が安いものがあるかもしれません。

50代
終身の死亡保障に加入されてない場合は、
そろそろ検討してはいかがでしょうか。

誰かを養っているのでなければ、高額でなくてもかまいません。
葬式費用・お墓の費用として200~300万円が相場といわれています。

最近は、90歳までの定期保険など、
掛金の安く済むユニークな保険商品も出てきました。
一度、プロに相談してどんな保険商品があるのか
説明してもらうことをオススメします。