20代
独身で、誰かの生活を支えているわけじゃない人は
高額の死亡保障はいりません。
掛金の安い定期保険で葬式費用程度を準備しておけば十分です。

医療保険ですが、病気も入院もまだまだ身近ではないかもしれません。
しかし、事故にあう可能性もありますし、
若いうちに加入しておけば保険料が安くすむメリットがあります。

加入や見直しを検討しましょう。

30代
結婚して、ライフスタイルに変化があったら
生命保険についても一度見直しをしておくことをオススメします。

夫婦共働きだったり、子供がいない場合はまだいいですが
奥さんが専業主婦だったり、子供がいる場合は家族への保障が必要です。

20代で不摂生をしてきた人は、健康診断の結果が気になり出す頃かもしれません。
健診での数値が正常でない場合は、保険に入る際に
スムーズにいかないケースが出てきます。

健康なうちに、最低限の医療保険には加入しておきましょう。

40代
この年代では、すでに基本的な保険には加入なさっていることと思います。
今後は、がんになる確率が高まってくるので
がん保険やがん特約を検討されてもよいでしょう。

子供がいる方は、まだまだ教育資金にお金がかかることでしょう。
高い保険料を払いすぎていないか、一度見直してみるのも
いいかもしれません。

若い頃に保険に加入した時とは、世の中の流れも保険商品も
ずいぶん様変わりしているはずです。

50代
そろそろ老後を視野に入れて、保険を見直す時期です。
子供が独立して、手が離れたりもするでしょう。
必要な保障のみを残して、保険料を引き下げることも可能です。

今の50代は、まだまだ元気ですが、一般的に健康に不安が出てきたり
病気になる確率が高まる年代です。