「生命保険って難しくてよくわからない
「話を聞いたときはわかったような気になるけど、自分で説明しろと言われると無理
「商品の種類がいっぱいで、比較するだけでも容易でない

と、あなたは思っていませんか?

確かに、保険商品て実際のモノがあるわけではありません。
実体がないんですね。
理屈だけで成り立っています。

だから、わかりにくいし、いくらでも複雑にできてしまう。

でも

生命保険自体は簡単で、シンプルなものなんです。
生命保険は本当は、実はたった3種類しかないんですよ。

保険クリニックの店長さんが、丁寧に説明してくれました。


①定期保険 (期限が定められている)

・保険料が安い
・更新型
・保険期間を過ぎると保障が無くなる


②養老保険 (老後を養う保険)

・保険料が終身保険より更に高い
・保険期間満了時に満期として受け取れる
・保険期間中に死亡すれば死亡保険金が受け取れる


③終身保険 (この身が終わるまでの保険)

・保険料は高い
・貯蓄性がある
・一生保障される

いろいろある保険商品は、すべてこの3つの単体もしくは組み合わせでできています。
例えば、漢字系大手生保が以前売りまくっていた商品に
定期特約付き終身保険(定特付終身)があります。

この保険は名前のとおり、定期保険と終身保険を組み合わせたものです。
基本は終身保険で、特約として定期保険がつきました。
子供が成人するまでの一番お金が必要な期間の保障を手厚く準備できる
ということで、各社の主力商品だったわけです。

一見、良さそうな保険に思えませんか?
でも実は非常にトラブルの多い保険だったんです。

安い保険料で大きな保障を得られる、というのがウリでしたので
加入時の保険料を安く抑えたい保険会社(保険レディ)は、
10年更新型をすすめるのが主流でした。

しかし、10年後の更新時に年齢も10歳増えているわけですし、
保険料がバカ高くなってしまうのでした。

この後、2000年にアカウント型保険が発売されました。
これもまた、複雑きわまりない仕組みの保険として名高いです。
こういうものは、選んじゃいけません。

あと、学資保険は養老保険の一種です。
そういえば、ゆきママもソニー生命に学資保険加入の相談をした際、
営業マンのお兄さんはしきりに養老保険を勧めてきました。

当時は、学資保険に入りたいと言っているのに、
なぜ養老保険がでてくるのだろう???
と不思議に思っていたものです。

保険のプロから見れば、同じものだったんですね。
で、より利回りが良さそうな方、というか
自分にくるマージンが多い方(?)をプッシュしたのだと思います。

生命保険は3種類しかないのに、なぜ難しいと感じるのでしょうか?
これは、

「複雑に組み合わされた保険商品の内容すべてを理解するのは難しい」
「たくさんある商品の中から自分にあったものを選ぶのが難しい」
ということだったんです。

生命保険そのもの自体が難しいわけではなかったんです。

ちなみに、法的に分類すると
第一分野   生命保険:ヒトを対象とした保険
第二分野   損害保険:モノを対象とした保険
第三分野   医療保険、介護保険:第一と第二分野の混合

となります。
損害保険なのに、生命保険と勘違いして契約しているケースもあるようです。
ますます、ヤヤコシイ。

結論をいうと、
本当は簡単なのに、複雑で面倒で難しくて理解できない保険については
「理解しなくてもよい」とゆきママは断言します。

複雑なのは、面倒くさいので
終身保険、定期保険、医療保険などそれぞれ単体で、シンプルに考えましょう。
わかるものだけ、加入したらよいのです。

それが一番、損をしない方法です。
主契約の単体。特約もあれこれつけない。
それが今の主流です。

そうすれば、終身保険なら掛金総額に対していくらのリターンがあるのか、
とかすぐに計算できます。
すぐに計算できるということは、得なのか損なのか、すぐにわかるということです。

決して複雑な方に保険見直しをしないこと。
最終的には、自分の責任ですが、見直す段階で
専門家の話をきくのも、おすすめです。