むずかしい、わからない、めんどくさい

あなたは、自分が加入している保険を
ちゃんと理解できているでしょうか?

生命保険て、わかりにくいですよね。
ゆきママは、難しくて高い保険には疑問を持っています。
ですから、ごくシンプルなものに加入しています。

たとえば、主人の医療保険なら、入院日額8千円もらえるタイプ。
そのほかの、余計なものは一切ついていないです。
(この保障内容は、これから見直していくつもりです)

こんなにシンプルなのに、どういう保険か聞かれると、パッと答えられません。

 保障期間は?
 えっと(確か)終身です。

 月の掛金はいくら?
 年払いにしてるんですけど、いくらだったかな、4万ちょっと・・・くらい?

 保険料払込期間は?
 60歳で払い終わるようにしたはず・・・。

 1回の入院につき、何日まで保障される?
 え?60日、くらい・・かな・・・。

 では、通算してトータルでは何日の入院までOK?
 ・・・・・。

 解約金はいくらですか?
 あれ?医療保険は掛け捨てだから、解約金はないです。よね?

自問自答してみましたが、こんなにもあやふやだなんて!
いや~、ガクゼンですね。
あわてて、保険証券を引っ張り出してみました。

保険証券

保障期間は、終身
掛金は、年間で60、472円
保険料払込期間は、60歳払込済
120日型
死亡保障が80万円ありますね。

答えがあってないし! あちゃー(>_<)

加入するときは、セールスの人に説明受けて
それなりに理解したつもりでいたのになぁ。

これがもし、もっと複雑でいろいろな保障がついてたら
ホントに自分の保険内容が理解できない自信があります。
それはつまり、どういう時に、保障がうけられるか理解できていないこと。

その結果として最悪なのが、保険金の請求もれです。
請求しなかったら、1円ももらうことはできませんから。

自分で理解できる範囲で保険に加入することは、
保険で損をしないために大事なことですね。

そして、もっと生命保険の知識を広げよう、
理解の幅を広げよう。
そう思いました。