保険にはいることは契約を交わすこと
保険は契約です。
つまり契約の要件を満たしていないと保険金や給付金は受け取れません。
保険料を払っていれば、困ったときに助けてくれるものではありません。

まずは、加入の目的を自分で把握すること。
そして、その目的をはたせる商品かどうか見極めること。

契約なのですから、本来はハンコを押す前に
契約内容を理解しておくことが必要です。

契約前に、「ご契約のしおり」の重要事項部分と
約款の給付要件は是非確認してください。

いつから保障開始?
・原則として、申込書告知(診査)、第1回保険料の三点が揃ったとき
・クレジットカード決済の場合は保障開始がさらに早くなります
・ガン保険の場合は一般的に契約後90日を経過してから保障開始となります

保険の目的は給付です
保険は契約することが目的ではありませんね。
イザというとき、万が一の時にきちんと
保険金や給付金を受け取れなくては意味がありません。

こちらになにか起こっても、保険会社は知る由もありませんから
ちゃんと、知らせて、請求しないとだめです。

 どんなときに受け取れるのか支払い要件を理解しておく
「保障開始後に発生した不慮の事故によって所定の身体障害状態に該当したときは保険料免除」
など知らないと損をしてしまいますね。
 家族に保険契約の存在を知らせておく
死亡はもちろん、入院中なら、家族が請求することになります。
会話ができない状態になることも想定して、保険の情報を共有しておきます。
 がん保険の場合は慎重に請求する
本人に告知している場合は問題ないですが
そうでないときは、本人に知られないようにしないといけませんね。
 給付の体制も確認しておく
先進医療の給付の場合、領収書ベースの請求だと
いったん自分で医療費を支払う必要があります。
請求書ベースの商品を選んでおくほうが賢いです。