ガン保険が医療保険と大きく違うところは
やっぱり「ガン診断時給付金」に尽きると思います。

ガンと診断確定されたときに100万円単位でのまとまったお金が受け取れるものです。
その中でも、がんでの入院は「日数はあまり長くない」「入院しない治療方法もある」 「治療方法によっては高額になることもある」等の特徴があるので、治療方法に左右されない(入院を前提の場合もある)がん診断給付金はとても重要な保障になります。

ガンと診断されたら、100万円~の保険がおりてくる。
そして、その使い道は自由。ビバ!フリーダム!!


・抗ガン剤の副作用で髪の毛が抜けてカツラを作る
・家事に手がまわらないので、家事代行サービスを利用する
・抗がん剤を使用せずに、民間療法・代替療法を試してみることにする
・遠い地域にある有名病院で診察を受けるための交通費


逆にいえば、ガンになったらポンと出せる100~300万くらいの貯蓄があれば
ガン保険に加入する必要はない、ともいえます。
逆に、ガンになったときに大きく貯蓄を減らしたくないから加入しておく、
という考え方もあるでしょう。

貯蓄が心細くて、がんで長期療養したときの医療費が心配という人は加入してもいいですね。

一昔前までは入院が長期化するのが一般的でした。
最近はガンの治療も通院や在宅で行なうケースが増えているようです。
医療技術の進歩もありますが、実は国の政策で入院日数の短縮化が掲げられているんです。

医療費削減の一環なんでしょうね。
入院が長引くほど病院は赤字になるので、まず長期入院はさせないようです。

がんは治療が終わっても再発の可能性がありますよね。
病気で働けない間は健康保険から最長1年半の傷病手当金がもらえます。
しかし住宅ローンや子供の学費などの支払いがあると生活費も心配です。

保険マンモスでは、主人のがん保険として、
「東京海上日動のがん治療支援保険」を提示してくれました。

診断給付金100万円
(上皮内がんも100%でるタイプ・複数回)がん手術  20万円
入院給付金  1万円
がん通院   1万円

で、年払い40,228円

保険マンモスのFPさんには、顧客にお医者様が何人かいらっしゃるそうです。
それで、医者の側から見た保険への意見も集めているとのこと。

お医者様がいうには、がん保険は終身でなくてもよい、90歳までで充分なんだとか。
ま、ほぼ終身といってもよい年齢だと思いますが・・・

そのココロは、90歳を過ぎるとガンは進行しないから、治療もしないそうです。
確かに体力的に手術も難しいのかな、という気がします。
80歳~90歳のあいだは、ホスピスという選択もありえる。

もし、手術や入院、通院がいらないとなると、いくらになりますか、と聞いてみました。
シンプルに診断給付金のみでよいとすると
「富士生命のがんベストゴールド」が一番掛金が安いというお答えでした。

診断給付金100万円(保険期間/保険料払込期間 終身)の場合
月払いで1,960円 (年払いで23,080円)38歳男性

ガンも二人に一人の確率とはいうものの、必ずなるわけではないですから。
じっくり考えたいと思います。