こんにちは、ゆきママです^^

保険とは、お金を払って安心を買っているのでしたよね。
もっと言いかえると、保険の目的とは、

人の死亡や病気、あるいは火災などの事故によって起こる
経済的不安を減らしたり、軽くしたりすることです。

生命保険文化センターというところが、保険にはいる目的を
調査した結果がこちらになります。

  • 万一の時の家族の生活保障のため
  • 医療費や入院費のため
  • 災害・交通事故などに備えて
  • 老後の生活資金のため
  • 子どもの教育資金・結婚資金のため
  • 万一の時の葬式代のため
  • 貯蓄のため
  • 万一の時のローンなどの返済のため
  • 介護費用のため
  • 税金が安くなるので
  • 財産作りの為
  • 相続及び相続税の支払いを考えて
  • 土地・家屋の取得・増改築のため

まずは、保険にはいる目的をはっきりさせることが大事ですね。
目的がはっきりすれば、はいる保険の種類も決まってくるからです。

  • 誰のために保険に入るのか、それは何のため
  • 保険金はいくら受け取れるか、保障はいつまで続くのか

まずは、ここをしっかり考えておきましょう。
最初に、いろんな保険のパンフレットを取り寄せてしまうのは、だめですよ!
あれもこれもと目移りしてしまうからです。

それに、ついつい保障額や支払い保険料の高い安いの比較になりがちです。

それは、果てしない無間地獄に落ちるようなもの。。。(←大ゲサ)
自分の中に、、というか自分なりのモノサシをまず持つのが大事です。
それを元に、比較することで惑わされなくてすみます。

保険の商品どうしを比べるのはとても大変です。
結局面倒になって、誰かの意見に頼りたくなってしまったり。。。

自分なりのモノサシをもつために、勉強はもちろん必要ですが
簡単な方法は保険の専門家の意見をきいてみることです。
自分とは違った視点での保険の見方に、大いに刺激をうけることでしょう。

すごく刺激になります。
保険ってこういうふうに考えて、加入するのか!
と目からウロコがぼろぼろ落ちます。

保険の商品を売りつけたりしない特定の保険会社に属さない中立な立場
そんなファイナンシャルプランナーさんを見つけて
(言葉はよくないですが)利用してみてはいかがでしょう。

絶対にためになります。おすすめします。