保険に払込免除特約をつけるべきかどうか。

払込免除特約とは
三大成人病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)高度障害・要介護状態になった場合、
保険料払込免除特約を付けておくと、それ以降の保険料の払込が免除される特約です。
・無料ではないため、支払い保険料が増えます

注意点
・保険約款の定められている所定の状態にならないと保険料の免除はされない
・どういう場合に保険料の払込が免除されるか確認すること
・保険料払込免除特約をつけることで保険料はどれだけ増えるのか
・特約保険料が将来変更にならないかどうか
・保険料払込免除を受けられる期間・内容・保障の等級まで各生命会社で違いがある

考えてみよう
①三大疾病になったら、保険料を一生払わないでいい
②三大疾病になったら、保険料は払い続けるが、保障は一生涯

どちらがいいと思いますか?
ポイントは、三大疾病になったとき、どのくらい収入が減るか、がひとつの判断基準です。

肉体労働や車を運転する仕事の方は、少し麻痺が残ったら
復職できない事態になるかもしれません。
大きい会社にお勤めならば、以前の職務には復帰できなくても
所属部署を変えて仕事が続けられるかもしれません。

けっこう厳しい一定の条件
三大疾病の生前給付にも通じますが、実はけっこう条件が厳しいことを知っておきましょう。

悪性新生物(ガン)
被保険者が責任開始事前を含めて初めて悪性新生物になったと医師によって診断確定されたとき
(上皮内がん、皮膚がん以外の悪性新生物)
※但し、責任開始日よりその日を含めて90日以内の乳がんは除きます。
急性心筋梗塞
被保険者が責任開始時以後の疾病を原因として発病し、初めて医師の診断を受けた日から60日以上、労働制限を必要とする状態軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断されたとき。
脳卒中
脳卒中を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日から60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。

要約すると、ガンの場合は早期発見で見つかるものに対しては×
心筋梗塞・脳卒中の場合はよほど末期状態かリハビリが長引くなど以外では×


ふむ。
日本人の二人に一人はガンになるといわれています。
また三人に二人が三大疾病で死亡するともいわれています。

しかしその中でさらに、上記の条件にあてはまる確率はいかに???
三大疾病でもほとんどの場合は一ヶ月以内で退院できます。
三大疾病に罹患しただけでは、特約の条件にあてはまるわけではないことを
よく理解しておくべきですね。