日本人は保険好き?
民間医療保険会社の医療保険・医療特約への
世帯加入率は、実に90%を超えるそうです。
ガン保険・がん特約も約60%(生命保険文化センター調べ)

日本の人口は、世界人口の2%ですが、
支払っている保険料は世界の31%(!)なんだとか。

そりゃー、外資系の保険会社がおいしい市場として
乗り込んでくるわけです。

消費者としては、選択肢が増えていいことなのか、
商品が増えすぎてどれを選べばいいのか混乱するだけなのか
あなたはどちらだと思いますか?

医療保険は幻想を買っている?
雑誌ではよく、保険の特集が組まれますよね。
雑誌を売るためには、キャッチーなタイトルで
読者の目を惹かなくてはなりません。

「週刊ダイヤモンド2012/4/21特大号」では
「騙されない保険」というタイトルで特集されていました。


大体、こういう特集では保険会社を悪者にします。
そのほうが読者にウケがよくて、雑誌が売れるからです。

読む側が大事にするべきなのは、なんでも鵜呑みにしないことです。
ひとつの切り口、その視点から見るとこうなんだな、
と冷静に受け止めたいものです。

テレビのコマーシャルにも踊らされないこと!
今は、インターネットで価格比較もできるし、
使用者のレビューで使った感想も見ることができる。
あなたは、賢い消費者になりたいですよね。

情報を集めて、目を養って、他人の意見にふりまわされず
自分で判断して、後悔のないお金の使い方をしなければなりません。

保険の見直しも賢くおこないたい

私は保険の見直しをするにあたって
無料相談を利用して保険の専門的な知識をもったプロの
意見を聞いてみることをおすすめしています
決して盲信して欲しいわけではありません。

参考にして欲しいだけです。
判断の材料のひとつにして欲しいだけです。

どんなに情報を集めても
自分というフィルターしか通していなければ
片寄った判断になる恐れがあるからです。

せっかくプロの意見や考えを聞くのが
無料でできるシステムがあるのだから
利用しちゃいましょう、というスタンスです。

そして、できれば1つだけでなく
意見を聞けるとなおいいです。

私は4社の無料相談を体験しましたが、意見はそれぞれでした。
とても貴重な経験でした。
保険について、ずいぶん賢くなりましたよ。