がん保険の特徴は、なんといっても診断時給付金につきます。
がんと診断確定されたときに100万円~300万円など
まとまったお金が受け取れて、使い道は自由です。

保険をシンプルなものにしたい方なら
がん保険は、診断給付金を最重要視し、
他の特約はつけなくてもいいくらいです。

※ちなみに、診断給付金のみだと
富士生命保険のがんベストゴールドが現状最安です。

診断給付金の支払い1回限りのタイプ
支払条件は「初めてがんと診断確定されたとき」とわかりやすい。

診断給付金が何度でも受け取れるタイプ
2回目以降の診断給付金は、前回の支払いから
2年以上経過していることなどの条件があります。

その他の支払条件
(1)すでに診断確定したがん(原発がん)が治療によっていったん消え、その後初めてがんが再発したとき
(2)原発がんが他の臓器に転移したとき
(3)原発がんとは関係なく、がんが新たに生じたとき

2回目以降の給付金を受け取るには条件が厳しくなるようですね。
保険料は1回支払いのものよりも高くなりますから、もらえないとなると
その分の保険料は無駄になっちゃいます。

がんの再発や転移は初回以上に不安がつのります。
診断給付金が2回目も受け取れれば経済的にも安心できます。

しかし無条件に何度も受け取れるものではありません。
期待していて、給付金が受け取れないとなると精神的にダメージを受けます。

不確定なものに高い保険料を支払うよりも
ガン診断一時金をもらうのは1回きりとわりきるのも一案です。
再発等が不安な方は、金額を100万円ではなく
200万円や300万円にすることで対応することもできますし。

もちろん、がんが発症しなければすべて無駄な保険料ですので
大切なお金を貯蓄にまわしておくこともお忘れなく!

仮に30代半ばの夫婦が、2人とも終身タイプの「医療保険」と「がん保険」に加入して
60歳までに保険料を払い終わることにすると、
保険料の総額は700万円を軽く超えてしまいますからね・・・。