国民の2人に1人が、がんを発症すると言われています。
がんが発症した場合、肉体的精神的にも苦痛を伴いますが
長期になると、治療費負担も重くなります。
長引かずにあっさり終わる方もいらっしゃいますが、やはり不安ですね。

最近のがん治療は、抗がん剤や放射線治療でも
副作用が少ないものであれば、入院せずに外来で行うのが主流です。

つまり、入院日数はさほど多くなくとも
外来での治療費がかさみます。
1回の抗がん剤治療で窓口支払いが24万円、というケースもあります。

そうなると、がん診断一時金とともに
手術・入院を保障する保険は古くなりつつあります。

これからのがん保険は通院保障が手厚くなければ
意味がありません。
保険会社も通院保障を手厚くするよう、保障内容はどんどん変えています。
今では3~5年単位で新商品に切り替わることも(!)

では、古い保険を解約して最新商品に入り直せばいいかというと、
保険料が大幅にあがってしまう問題があります。

一般的ながん保険の保険料
30歳男性  月3000円程度
50歳男性  月7000~8000円と倍以上
60歳男性  月1万円を超える

ガン保険のシェア7割を超えるアフラックでは
過去に販売した保険加入者向けに、
最新の保障内容を必要なものだけ追加できるサービスが始まりました。

こういうがん医療の実態と保障内容との格差を
縮めようとする動きは、画期的で、好感がもてますね。

入院後の通院保障
・アフラック
・東京海上あんしん生命
・チューリッヒ
(45〜60日と支払い日数に限度あり)

入院をともなわない通院でも保障
唯一アフラックのみ(120日を限度)
・放射線治療
・ホルモン療法
・抗がん剤治療
が目的のものだけが対象。
(内服による抗がん剤治療のための通院は支払われない)