がんの治療には一体いくらくらいかかるのでしょうか?
公的保険では、どのくらいカバーできるのでしょうか。

●治療費はケースバイケース
当然ですが、一律ではありません。
がんの進行具合や治療方法によってかかる費用は異なります。
早期なのか進行しているのか
・手術をともなうのかどうか
入院が長くなるのか通院治療なのか
抗がん剤を使用するのかしないのか
先進医療を検討するのかどうか

●公的医療保険
日本では、国民皆保険制度により、
すべての国民が何らかの公的な医療保険に加入しています。
毎月保険料を納めていますよね。
病気やケガで医療機関を受診した場合に
実際にかかった医療費の3割(小学校就学前と70歳以上は別途)
を自分で支払い、残りの7割は公費によってまかなわれます。

●高額療養費制度
医療機関や薬局で一か月に支払った金額の合計が一定額を超えた場合に、
超えた分は支給されます。
毎月の上限額は、年齢や所得によって異なります。

●混合診療の禁止
日本では、保険診療と自費診療の併用は「混合診療」として認められていません。
そのため、保険対象外の治療法を1つでも自費診療で加えると、全額自己負担となります。
がん治療では、次々に新しい治療薬が開発されています。
しかし保険適用になるまでに時間がかかり、
最新の治療を受けるには多額の費用がかかるのが現状です。

●先進医療
先進医療は、全額自己負担の治療ですが
公的医療保険と自己負担の併用が認められています。

●緩和ケアの治療費

・緩和ケア病棟で入院治療を受ける場合
1日あたり39,720円(1日3食の食事料込み)
・在宅で緩和治療を受ける場合
 医師の訪問1回につき8,300円看護師の訪問1回につき5,550円
毎月在宅で行う治療の基本料が45,000円(医師や看護婦の交通費は別)
そのほか、酸素療法や輸液療法、抗がん剤治療代がかかります。
・しかしこれも高額療養制度の適用となります
・末期ガンの場合、40歳以上65歳未満なら、介護保険の申請もできます