保険マンモスへは、ネットから予約しました。
とても簡単でしたよ。

保険マンモス公式サイトページの「お申し込みはコチラ」をクリックします

もしくはこちらのページから

すると、申し込みフォーム画面がでてきます。


氏名などを入力していきます。
黄色くなっている入力欄をクリックすると、入力できますよ。
TABキーを押すと、次の入力欄へ移動してくれます。
いちいちマウスを使わなくてもよくて、便利な方法です。

連絡方法を、電話かメールか、選ぶことができます
私は、メールにしました。
あと、配偶者や子供のことを入力する欄もありました。
私は電話口であれこれ聞かれるのに抵抗があるのですが、
フォームに入力するだけなので、とっても簡単です。

最後に、「ご入力内容の確認」をクリックします。
誤字脱字や入力間違いがないか、確かめたら、申し込みボタンをポチ!
入力した内容は、暗号化されて送られますので、
個人情報がもれる心配はありません。安心ですね!

 

こんな画面になりました。
数日で、メールに連絡がくるようですね。

ネットで、無料相談の予約をしてみましたが、思ったより簡単にできました。

やってみるまでは、面倒くさいかなあ、という気持ちもありましたが、
保険マンモスは、必要最低限の項目を入力すればいいので、ラクラクでした。

以前に電話口で、根ほり葉ほり個人情報を聞かれた経験があるのですが、
ネットから申し込むと、そういうわずらわしさは一切ありませんでした。
所要時間は、5分程度です。
折り返しの確認も、メールだと気楽に待つことができます。

保険の見直しって、たいそうなことを連想してしまいがちですが、
とっても気軽にできました

保険マンモスの無料相談を予約する


保険マンモスの無料相談に、ネットから予約申し込みをしてから2日後。

折り返しのメールが届きました

こんな感じです↓

さっそく、日時予約にすすんでみます。
「面談希望日入力フォームはこちら」をクリックすると、こんな画面に。

第一希望と、第二希望を入力しました。
面談場所は、私は自宅にしました。
保険の見直しには、ライフプランをたてることが不可欠で、
そのためには個人的な情報を話すことになるからです。

でも、自宅に知らない人が1~2時間も滞在するのは気が引ける方もいるでしょう。
そんなときは、近くのカフェなど落ち着いて話せる場所でもいいのでは。

日にちは、10日以上先の日をご指定ください、とあるのですが
私はこれを見逃していました(汗)

要はFPさんがあいてればOKなのでしょうから、
10日以上にこだわらなくてもいいんじゃないかな。
近すぎるのは、無理かもしれませんが。

最後に、送信ボタンをポチ!

 

あっというまに、日時の予約ができてしまいました。
パパッとできて、とっても簡単でした。

すぐに「ご面談希望日承りました」というメールが届きます。

あとは、面談日時の決定を待ちます。

保険マンモスに、無料相談の面談希望日を送った次の日、
早くも、面談日と担当FPが決定しましたというメールが届きました。

迅速な対応には、好感がもてます
そして、担当FPさんも決まったようです。

名前を見る限りでは、40代か50代の男性かな?
わかりやすく説明してくれるといいなあ。
こちらの話もよく聞いてくれるといいなあ。
感じのいい人でありますように。

そして、このメールの2日後、FPさんご本人からもご挨拶のメールをいただきました。

これは、マニュアルなのかもしれませんが、
こういう連絡をいただけると、やっぱり安心感があります

さあ、いよいよ3日後には、面談です。
ちょっと、緊張してきました。
納得のいく見直し相談ができたらいいな。


保険マンモスの無料相談を予約する


今日は、いよいよ保険マンモスの無料相談の日です。
部屋を片付けて、お茶の準備をしました☆
保険証書も家族全員分、準備しました。

今回の見直しの目的は
①いま現在加入している保険の診断
②主人の医療保険の見直し
です。

この無料相談で、目的をはたすことはできるのでしょうか?
保険マンモスのFPさんは、私にもわかるように説明してくれるのでしょうか?

ピンポ~ン♪

どうやら迷わずに、到着してくれたようです。
きちんと挨拶してくれて(あたりまえか)名刺をいただきました。

簡単に自己紹介をしてくれました。
話しやすそうな、感じの良い人で、まずはひと安心。

次に、加入中の保険証書をみてもらいます。
まずは、学資保険から。

くわしい内容は、別記事にアップしますが
結論からいうと、「問題ない」とのことでした。ホッ。

次に私の終身保険300万(日本生命)
全労済の医療共済について。

終身保険については、当初700万で契約していたのですが、
月々の掛金の負担が重く、300万に保障を下げてもらった経緯があります。
この当初の700万の保険がなんと!
お宝保険だったらしいんです・・・。ガビーン

共済についても、月々の掛金が安いイメージで加入してたのに、
「実は共済は高いんです」とのこと。

日本生命の終身保険については、半分おつきあいで加入しているものでした。
こちらの無知もありましたが、セールスレディさんにおまかせしていたら、
保険会社が得するように(私が損するように)
転換がなされていたようです。

なんだか、ショボンとした気持ちになってきました。
でも、ここでそれに気づいたのは、いいことです!
気を取り直して、いざ、主人の保険へ。

主人の保険は、ソニー生命の「逓減定期保険」と「医療保険」
逓減定期保険に関しては、考え方はOKとのこと。
よかった~。

ここで、保険の考え方についてレクチャーがありました☆
必要な保障は年々減っていくというお話。

これは、予備知識があったので
すんなり話についていけました。
専門家の人のしゃべってることを理解できるのってちょっと快感です!
事前の保険のお勉強も大事だと体感しました。

今回の保険マンモスによる見直しの目的
①いま現在加入している保険の診断
については、満足感でいっぱいです。

保険マンモスのFPさんは、問題ないところはそう言ってくれて、
逆に無駄になっているところは、ズバッと指摘してくださいました。
かなり、信頼感が高まってきています。

今回の見直しの目的のふたつめ
②主人の医療保険の見直し です。

ここで、ひとつ質問をしてみました。

「貯蓄がたくさんある人は、医療保険はいらないんですか?」

保険マンモスのFPさん「はい、そうです」
深くうなづきながら、即答してくれました。

そうなんだ!医療保険は掛け捨てだもんね。
我が家には残念ながらそんな貯蓄はないので、いざという時のために加入しますけれども。

主人の医療保険です。
我が家が加入しているのは、ソニー生命の医療保険で入院日額8千円120日型
以上。シンプル。

これについては、私は失敗したという気持ちがあります。
よくない保険だと思っているのです。
だからこそ、今回の保険見直しをお願いしたわけです。

この保険は、あまりよく検討せずに、とりあえずで加入したものでした。
本命はソニー生命の学資保険で(これは正解でした)
ついでに、逓減定期と医療保険も一緒に加入したのです。

いろいろ比較検討して資料を取り寄せて、各保険会社に申し込むのが
とても面倒くさかったからです。
これが大失敗のもと。

保険マンモスのFPさんも「ソニー生命は、医療保険はよくないです」
バッサリでした。

今は、病院側もあまり入院をさせない、すぐに退院させる傾向があり、
入院日額いくら、という保険はもうニーズにあっていないのだとか。

120日型というのは、1回の入院で120日まで保障するという意味ですが、
そんなに入院が長引くことは、ほぼないとのこと。

つまり、主人の医療保険は、まったく(とまではいいませんが)
意味のない保険でした。
がっくし。

それと、最近気になっていたのが、ガン保険なんです。

ガン保険が医療保険と違うのは、一時金が給付されること。
ただし!
保険会社を間違えたら、大変なことになります。

仮にAさんがガン診断給付金が100万円もらえる保険に4社加入していたとします。
そして「上皮内がん」と診断された場合。
診断給付金が支給されるかどうか
明治安田は0円
アリコは10万円
アフラックは50万円
東京海上は100万円

これだけ給付金に差が出ます、というのを図で説明してくれました。
上皮内ガンはガンと認定しない保険会社もあるんですね。

こんなことを一つ一つ自分で調べるのは、ほんとうに大変
最終的には、自分で検討して決断するべきですが
最新の情報を提供してもらうだけでも価値アリ。
すごいぞ、無料相談。

無料で質の高い専門家に相談できる
これは素晴らしいシステムです。
FPさんも人間ですから、相性にもよると思いますが、
保険マンモスのFPさんは、質が高いですね。

最後に、定期保険の保障期間や保険料の予算などの
要望を確認して、2回目の面談日を決めました。
次回、要望に沿った保険商品を提案してくれるようです。


ここまでで約2時間。
保険の仕組みから、最近の医療情報まで実例をまじえて教えてくれて、
いろんな知識を得ることができました。

濃い時間でしたね。
わからないことは、そのつど質問させてもらいました。
話の腰を何度もおりましたが、嫌な顔をせずに答えてくれました。

また、ひとつ説明の区切りがつくと、
「ここまでで、わからないことはないですか」と
確認をしてくれました。
説明は、とてもわかりやすかったです。

ただひとつ、健康状態の確認が一番最後でした。
初めに確認すべきことでは?
ま、私も言いそびれてたんですけど。

一週間後、2回めの面談で、具体的な保険商品を提示してくれました。

年間の保険料の希望額を伝えてあったのですが、
きっちりと予算内におさまっています。
面談中にやりとりをして、さらに下がりました。

保険マンモスは、訪問型のため自宅や自宅近くのファミレスなどに
FPさんにわざわざ来てもらうのはどうしても気が引ける、
という方には向かないかもしれません。

ただ、来店型ですと気軽に立ち寄れる反面、応対してくれるのは
FPではないスタッフの可能性もあります。
また、長時間に及ぶとやはり気がせいてしまい、じっくり話を聞くことができにくいです。

保険というものの性質上、ちょっとわからないことだけパパッと聞いて解決!
というわけにはいかないので、私はじっくり自宅でこちらのペース
面談できたのは、とても良かったです。

終身保険、定期保険、医療保険、ガン保険、学資保険などの種類がありますが、
それぞれに業界ナンバーワンの商品があります。
ひとつの保険会社がすべての分野でナンバーワンということはありません。

また特約をひとつ外したりつけたりすると、ベストな商品が変わったりします。
だから、複数社扱っている中立な立場のFPがいいのです。

ここは、資料をたくさん取り寄せて見比べるよりも
まずは保険のプロに、保障が充実していて、保険料が安くて、
なおかつ自分の要望にあった商品提示してもらい、
それを中心に検討していくというのがおすすめですね。

少ない労力で、大きな成果を得ることができます。

もちろん、提示してくれた商品に必ず加入しなくてもかまいません
保険マンモスには、イエローカード制度があるので
面談後にしつこい勧誘をおこなうFPは、ほぼいません

保険マンモスの満足度96%は、誇大広告ではありませんでした。
あなたも一度、体験してみませんか。
これが無料だなんて、ほんとに得した気分ですよ。


保険マンモスの無料相談を予約する